今月末に実施した6月のカレンダー制作では、野菜スタンプを使った紫陽花アート作りや、カタツムリ・雨粒のイラスト貼りなどを行い、梅雨の季節感を存分に味わってもらいました

まずは梅雨について先生からのお話しです

写真やカレンダーを掲示しながら、梅雨の特徴(”雨が多い”・”カエルやカタツムリが沢山いる”・”湿度が高い”…)についてお友達と一緒に学びました

6月がどんな季節なのか、少しずつ分かってきたかな?

ではそろそろ皆さんお待ちかねのカレンダー作りを始めましょう

夏野菜であるピーマン&オクラを半分のサイズに切り、断面部分に絵の具を塗りつけていきます

ピンク・紫・水色の絵の具を白い画用紙の上でこすり付け、色の変化や野菜を持った時の感触を体験しました

この日の活動目標は«色彩感覚を楽しもう»でした

野菜スタンプを何度も何度も押していき、色のグラデーションを楽しむお友達みんな集中して参加する事が出来ていました

様々な色の紫陽花を塗り終えたら、後半のイラスト貼りへ

指先を細かく動かしながら、緑色の大きな葉っぱ・可愛いカタツムリ・水色の雨粒をそれぞれ丁寧に貼っていましたよ

「ほら見て上手にできたよ

完成した6月のカレンダーを手に取ると、先生やお友達の前まで歩み寄り、笑顔で見せていました

これからジメジメした雨の季節がやってきますが、元気よく活動していきましょうね

児童発達支援ピースいちのたに