緊急事態宣言が解除され、少しずつ終息に向かってほしいとの思いも虚しく、新規感染者の数は増える一方で、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

そんな中、ピースでは利用者の皆様が安心安全にピースに通っていただけるよう、さまざまな感染防止策に取り組んでいます。

ピースでは...

勤務するスタッフは必ずマスクを着用し、ご利用者様と接するようにしています。

活動中には定期的に天窓を開放し換気を行っています。

アルコールの消毒に加え、キエルキンという次亜塩素酸水を使用して消毒を行っています。

「おはようございま~す🌞」

ピース到着時には、玄関先で一人一人アルコールでの手指消毒を行っています。

みんなすっかり慣れたようで順番に並んで待っていてくれます。

アルコールが使えないお友達は、次亜塩素酸水等を使用して手指の消毒を行っています。

毎朝ご自宅にて検温を行っていただいていますが、ピースでも到着後及び適宜、検温を行っています。

「せんせい~まだお熱はかってないよ~」と、教えてくれるお友達もいたり、「次はぼく(わたし)の番だよ~」と上手に順番も待ってくれます。

もちろん、スタッフも毎出勤時には検温を行い、体調管理に気を付けています。

活動時はなるべく人と人との間隔をあけ、机上活動やお弁当の時間はお友達同士向き合わないように工夫を行っています。

食事中にはなるべくおしゃべりしないようにしようね。と声掛けは行っていますが、これはなかなか難しいですね~。だって、ご飯は楽しく食べたいですもんね♪

使用した玩具や机・椅子などはその都度消毒を行っています。

ときにはお友達がスタッフの真似をして、タオルでふきふきお手伝いをしてくれますよ。

 

石鹸での手洗いもとっても上手になりました。

「パイナップルで洗うんだよ~」とか「おやゆびぐーるぐる」とか爪や指の間まで丁寧に洗えるようになりました。

「せんせいみて~きれいになったでしょ」

コロナウイルスだけでなく、感染症から身を守るには自分自身の抵抗力をつけることがとても大切です。しかしながら、大人に比べて体力も免疫力も低いこどもは罹患しやすいため、感染症対策を十分に行いながらお子様が日々安心して楽しく過ごせるようにスタッフ一同取り組んでいきたいと思います。

児童発達支援ピース